サイトへ戻る

コロナ禍のパパ活

パパ活
コロナ禍のパパ活だな~って思ったのは、相手の男性と初対面する時、相手の人がマスク付けてきたんだよ。
まぁ、この時期だし私もマスクしてたからお互い様なんだけどね。
緊急事態宣言出る前の話ね。
別に経済的な影響があって仕方なくパパ活したわけじゃないんだ。ただ、仕事がヒマになっちゃって、自宅待機みたいな感じになって退屈してたんだよね。
それで、コロナ禍のパパ活もどうなのかなとは思ったけど・・・出会い系とかマッチングサービスよりはお金が絡む分真剣勝負ができるんじゃないかと思ったわけ。
まったくのヒマつぶしね。
それで、取り合えず条件的にも合う人とデートの約束するわけだけど、数人の人はこういう時期だから会わずにテレビ電話にしようってことになったわけ。
だけど、その人は「どこかで一回会いましょう」って言ったら喜んで約束するわけよ。
なんか危機意識低いのかな~って思ったけど、私もその時は実はそんなに気にしてなくてさ。
あんまり風邪も引かない体質だし、一人暮らしだし、どうせリモートワークで同僚に迷惑かけることもないしさ・・・。
コロナ禍のパパ活するような危機意識の低い人も男性にもいるんだな~気が合いそうだな~って思って、デートしたわけだけど・・・
その人、実は相当危機意識持ってたんだよね。マスクに帽子、花粉用の防護メガネ、手袋・・・
コロナ禍のパパ活スタイルというより、変装?
まぁ、確かに一石二鳥ではあるね。コロナ禍のパパ活対策って感じで。
感染も防げる、身バレも防げる、しかもこの時期、この格好でも違和感なし!
オンラインのギャラ飲み
パパ活アプリ

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。